• 設立趣旨

     世界における人口の急速な増大に対して、タンパク質食糧の供給が追い付いていないとする議論が高まりつつあります。1kgの牛肉を生産するのに6~20kgもの穀物が必要とされますが、地球環境に過大な負荷がかかる肉食を辞め、ベジタリアンやヴィーガンを愛好する人口が増加しつつあります。こうした志向に合わせて大豆を使った新しい人工肉などが生産される一方、従来のたんぱく源とは異なる、昆虫を原料とするたんぱく源の可能性を模索する技術が誕生しつつあります。
     このような世界の潮流を背景として、食に科学的技術を用いた『フードテック』という産業が生まれてきました。2018年の統計では米国が9,574億円、中国が3,522億円、インドが1,431億円をフードテック関連に投資しておりますが、日本は僅か97億円に留まっております。昨年4月に農林水産省の官房に「フードテック研究会」が設置されましたが、まだまだ世の中での認識は高まってきておりません。
     世界の食料供給・地球環境問題の観点と新しい食の潮流に対する日本の取り組みを応援する立場から、フードテック振興のための議員連盟の設立を決意した次第です。

    すべての投稿
    ×
    ×
    「フードテック振興のための議員連盟」(以下「当議連」)ホームページでは直接・間接を問わず当議連ホームページにおいて取り扱う個人情報(以下、「個人情報」といいます)の重要性を認識し、適切に取り扱うことを当議連ホームページの事業活動の重要事項とし、個人情報保護について以下のように定めます。
    
    ■個人情報の収集・利用について
    当議連ホームページで個人情報をご提供いただく場合には、その収集目的を明確にし、同意を得た上で適法かつ公正な手段によって行います。またこの個人情報を利用する場合は、その目的の範囲内でのみ利用します。
    
    ■個人情報を収集する理由
    当議連ホームページにご連絡いただいたことの確認と連絡やお問合せにご対応させていただくために必要な範囲で個人情報を収集しています。
    
    ■個人情報の管理について
    当議連ホームページはお預かりした個人情報に対し、個人情報の紛失・改ざん・漏洩・不正アクセスなどを防止するために厳重なセキュリティ対策を実施するとともに、システムを継続的に見直し、不正アクセス・情報の紛失・誤用・改変を防止していきます。
    
    ■個人情報の第三者への提供について
    当議連ホームページはご提供いただいた個人情報を責任を持って管理し、ご同意をいただいた場合や正当な理由がある場合を除いて第三者に公開・提供することはございません。
    
    ■お問い合わせについて
    当議連ホームページはお問い合わせに対する窓口を設置し、個人情報の照会・訂正・削除などを希望される場合には、合理的な範囲内ですみやかに対応します。
    
    ■法令等の遵守について
    当議連ホームページは、個人情報保護のための関連法令およびその他の規範を誠実に遵守します。
    
    ■個人情報保護コンプライアンス・プログラムの見直し
    当議連ホームページは、個人情報保護コンプライアンスプログラムの継続的な見直しと改善を行い、個人情報の取扱い方法および管理方法をより良いものにしていきます。
    
    ■お問い合わせ先
    当議連ホームページにおける個人情報保護に関するお問い合わせは、下記からご連絡下さい。
    事務局(松原仁事務所)
    
    ■この方針の改定
    当議連ホームページは、個人情報の一層の保護を図るため、もしくは法令制定や変更等に伴って個人情報保護方針を予告無く改訂することがあります。あらかじめご了承ください。なお、個人情報保護方針の内容は当議連ホームページへの掲載日以降に適用するものとします。
    
    制定 2020年12月3日
    
    ※当議連ホームページからリンクされている他のホームページにおける個人情報の取り扱いの基準や内容においては当議連ホームページでは責任を負いかねます。